2016年4月27日水曜日

【GW休暇】のお知らせ

【GW休暇】のお知らせ


こんにちは、学習塾FLAPSの大東です。

気が付けば、4月も残すところ3日間となりました。

1年生も、中学校に慣れ始めたようで、

「友達と同じクラスだった!」

「友達ができた!」

「部活に入った!」

など、いろんな様子を教えてくれます。

その楽しそうな姿に、こちらもわくわくしてきます。



今週の金曜日からGW休暇になりますが、

5月6日(金)からは通常授業が始まり、教室も開放しています。

最高のスタートに向けて、羽ばたこう!

――――――――――――――――――――
✿GW休暇のお知らせ✿
4月29日(金)~5月5日(木)

上記日程で、GW休暇となっております。
通常授業・自習室の開放は行っておりませんので、
お気を付けください。

――――――――――――――――――――


 

2016年4月26日火曜日

行きたい高校について考えよう!

お世話になっています。


学習塾FLAPS淵野辺校、

講師の大東裕己(だいとう ゆうき)です。

 今回のブログは16日と23日に中学生向けに行われた。

合格・プランニング=ゴープラ

についてお話させて頂きます。


趣旨は高校受験に合格するために計画を立てようというものです。
今回は中学に入学したばかりの1年生と2、3年生を分けて行い、

内申や個票を挟むPass Book を作成しました!!



1年生には、高校受験とはどういうものなのかを一から教え、
中学校での内申の目標や指針を具体的に立ててもらいました。


その中で最も生徒が関心を持ち、驚いた表情をしていたのは、
内申点や偏差値を元に、高校の選択肢を絞っていく時でした。


というのも例えば、


5段階評価でオール3という数字は一見すると真ん中で‘普通’だと思われがちですが、
実際に内申点オール3で行ける高校は、相模原地域で言うと片手で数えるほどしかありませんでした・・・

自分の思っていた‘普通’の基準がいかに低いものかを痛感していたと思います。




何のために勉強をするのか。




目的や目標が定まっているから、苦しく厳しい時にも乗り越えることができます。
今から高校受験を意識している生徒がどれ程いるでしょうか。


FLAPSでは常に逆算思考を大切にしています。





そして、

2、3年生は行きたい高校に行くために、

何が必要なのかを見える化しました。



まず、自己分析


過去1年間を振り返り、


自分が何をしてきたのか

どんなことに喜び、楽しみを覚え、
逆にどんなことに苦しみ、悲しんだのか


これらを挙げてもらい、自分自身を知ってもらいました。



勉強面では、
最新の模試の偏差値、内申点を見える化し、
行きたい高校の基準と照らし合わせました。

その上で、内申点をいくつ上げる必要があるのか、
そのために定期テストで何点上げなければいけないのかを

未来目標シート

に書き込みました。


行きたい高校が既に決まっている生徒、そうではない生徒、
どちらも自分の将来に対して真剣に調べ、分析をしてくれていました!


年に3回開催されるゴープラはFLAPSの無料イベントというだけでなく、年間のカリキュラムにも含まれているほど重要な進路選択の場にもなっています。


知ることに、動き始めることに、早すぎるということは決してありません。

次回のゴープラもご参加お待ちしております!


今回のブログ担当は

大東裕己でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




2016年4月14日木曜日

★ドリプラ・Goプラのお知らせ★

お世話になっています。


学習塾FLAPS、

講師の大東裕己(だいとう ゆうき)です。

 今回のブログはFLAPSの信念が込められた無料イベント

ドリームプランニング=ドリプラ


について少しお話させて頂きます。




私達も子どもの頃、疑問を持ったはずです。


なんで勉強しなきゃいけないの?”と。


そんな時皆さんはどう応えますか。

良い高校、良い大学、良い会社に入るためでしょうか。
大人になって生活していくためでしょうか。
それとも、単純に生きていくためでしょうか。


私達はきっぱりとこう答えます。



“勉強は夢を叶えるための手段にすぎないんだよ”


では、夢とは?
夢を叶えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

<夢を視覚化しよう!!>


それが今回のドリプラのテーマです!

 夢を叶えるには、まずはその夢を意識し続けることです。


有名な話では、
 サッカー日本代表の本田圭佑選手が、小学校の頃に書いた“将来の夢”という作文で


「サッカーの日本代表になって、セリアA(イタリアのサッカーリーグ)10番をつける」


ということを書き、実際に夢を叶えたという話があります。

本田選手も順風満帆に進んだ訳ではありません。高校では実力が足りずクラブチームに入れませんでした。そのため高校のサッカー部で3年間過ごしたのです。

そんな挫折をした時に、本田選手がどんなことを考えていたかというと、
練習中ずっとプロになることだけを考えていたそうです。



私がこの話から何を言いたいのかというと、

「夢を持ち、それを濃く見続けられる人が夢に近づく」ということです。




子ども達だけでなく、私達も日々いろんなことを見たり経験したりしています。
ではその中で、夢について考える時間はどれくらいでしょうか。


夢を薄れさせないようにしよう!
夢について意識を置き続けよう!



そのためにドリームBOXを作ります!





ドリームBOXとは、


夢に関する宝物を集める宝箱のことです。



なりたい自分ややるべき事を視覚化し、

夢にアンテナを張る習慣をつくりましょう。


************************************************
【参加お申し込み、受付中です】


フラップス淵野辺校のドリームプランニングは
2回開催します!!

①4/16(土) 14:00~16:00 

②4/23(土) 10:00~12:00

※教室によって開催日が異なりますので ご注意ください。
 各校舎の開催日は、ホームページをご覧ください。
●対象 :小学1年生~6年生
(フラップスに通っていない小学生も参加できます)

●参加費:無料

●持ち物:筆記用具

●お申し込み:042-704-8565(淵野辺校 直通)までご連絡ください!

ホームページのお問合せフォームからも、
参加お申し込みを受け付けております!
詳しくはこちら☆

************************************************


今回のブログ担当は

大東裕己でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


2016年4月6日水曜日

★講師紹介②★

初めまして。



FLAPS淵野辺校講師の

大内山誠悟 (おおうちやま せいご) 

です。

4月より渡辺一隼先生に代わり、
算数・数学・理科の担当になります。




格闘技や身体を鍛える事が好きで、
学生の頃は柔道や合気道をやっていました。

強そうなイメージをもたれそうですが、
小柄な体格なので見た目は違うのでご安心ください。




さて、フラップスでは「5つの根」と呼ばれる習慣
を育てることで成長へと導いていきます。

今回私からは、「5つの根」を伸ばしたうえでさらに、

算数や数学を通して身に付く力についてお話させていただきます。

一体何でしょうか。




それは、「因果関係を見抜く力」です。

今の時代、決まっている事をそつなくこなすよりも
自ら考えて動くことが求められますよね。

思考錯誤をした上で、
自らのどの行動がどのような結果を生み出しているのか?

これを掴めないとその場しのぎの適当な行動になり、
意図した結果得ることができなくなってしまいます。

まずは、「行動できる・行動したくなる習慣」をつくり、
算数・数学を通して普段の日常生活でも使える力を身に付けていきます。



どうぞ、宜しくお願いします。