2015年12月29日火曜日

※重要※年末年始休校のお知らせです。

お世話になっております。


学習塾FLAPS英語科講師

中村諒です。




年の瀬も押し詰まり、今年も残すところあと3日となりましたね。

ここ数日、中学3年生は毎日朝9時から夜まで受験勉強に励んでおり、

そんな背中を見て、1・2年生の生徒さんも、3学期の学年末テストに向けて、たくさん勉強してくれています。

生徒の頑張りに応えられるよう、私たちも精進して参ります。




さて、FLAPS淵野辺校では、本日をもって2015年の通常授業、ならびに冬期講習が終了致しました。




年末年始の休校のお知らせがありますので、お間違えの無いようご確認ください。






________________________

FLAPS年末年始休校のお知らせ


下記の日程で、年末年始の休校とさせていただきます。


12/30(水)~1/3(日)


通常授業、冬期講習ならびに自習室開放は行っておりませんので、
お間違いのないよう、ご注意ください。


なお、

冬期講習・通常授業ともに1/4(月)~


となっております。
 お間違えのないよう、お気を付けください。

2015年は、大変お世話になりました。
2016年も、どうぞよろしくお願いいたします。

See you next year!!



2015年12月22日火曜日

冬期講習が始まりました★

お世話になっております。

学習塾FLAPS英語科講師

中村諒です。




時間が経つのは早いもので、今年も残すところあと10日ほどとなりましたね。

さらに小・中学生のみなさんにとっては楽しみな冬休みも、すぐそこまで迫ってきていますね!










FLAPSでは毎回の長期休みごとに講習を行っていますが、


今回もやりますよ、



冬期講習!!



とは言っても、実は先々週の12日(土)からすでに始まっていました。





冬とは・・・
中学生の生徒さんにとっては学年末テストに向けて1・2学期の復習をする大切な期間です。


南林間校・成田先生のブログでもお話がありましたが、



その重要性についてはみなさんもひしひしと感じていることと思います。







今回私からは、小学生の生徒さんの冬期講習の様子をお伝えさせていただきます。 








先々週の土曜日に、小学校低学年の生徒さん向けに、


「ジッカンパズル」


と称して図形・計算・漢字の勉強を行いました。

内容は、パズル形式の問題演習を通じて、


・図形の概念
・□を使った計算方法(方程式の考え方)
・漢字の部首と組み合わせ


3時間みっちり学ぶというボリューム満点の講座でした!








実際にどのような問題を解いたかは割愛しますが、


3時間みっちりと言うと



「長い・・・」


「疲れそう・・・」



そのように感じる方もいらっしゃるかもしれません。




普段、お家で3時間ずっと勉強する機会はなかなかありませんよね。

もしかしたら当然小学生の生徒さんにとっては長いのかもしれません。




しかし、講習が終わった後に聞こえてくる声は・・・















「疲れた!!けど頑張った!!!



「疲れた!!けど久しぶりにこんなにやった!!!


という充実感や、



さらに、とある生徒は講習が終わってすぐに、



「これ、残りのページ月曜日までにやってくるねー♪」



と言って颯爽と去っていき、



実際に次の月曜日には使ったテキストの残りの部分を埋めて、誇らしげに持ってきてくれました。



一日で次学年の漢字をたくさん調べてくれました!



終わった後はみんな驚くほど前向きな姿勢です。


一生懸命やった後の「疲れ」は、実はとても気持ちのいいものなんですよね。



小学校低学年の内からどれだけ「頑張る習慣」を付けることが出来るか。

今後の成長をとても楽しみに思います。

さあ、まだまだ冬期講習は続きます。

FLAPSで、努力の素晴らしさをジッカンしましょう!!!


2015年12月11日金曜日

Who am I ?




お世話になっております。国語担当の小林です。

 

前回のブログで告知させていただいていた通り、

1128に開催された中学生向けのイベント、

合格プランニングの様子についてお伝えしたいと思います。

 

「自分のことを知ろうと試みる機会」はなかなかありません。

 

とりわけ、「あなたの長所を教えてください」という問いに対しては「即答」できない生徒がほとんどです。

 

「自分とは何者なのか」

 

一番「自分」と時間を共にしているはずの「自分自身」が、実は一番「無知」だったりするのです。

 

しかし、それでは「ダメ」です。

 

「成長」を目指すには、「自分自身」を科学する必要があります。

 

平和主義者なのか、負けず嫌いなのか

 

目立ちたがり屋なのか、引っ込み思案なのか

 

論理的なのか、感覚的なのか

 

組織で活きるのか個人で活きるのか

 

適材適所に自分をはめ込み、持ち合わせる全ての力を最大限に発揮する能力が、社会では問われます。

 

しかしそれ以上に、自分に持っていない「もの」を必要とされたとき

 

それをいかに「スピーディー」に身に付けられるか、の方が圧倒的に大事な能力となるのです。

 

 

自分の背中のリュックには何が入っていて、何が入っていないのか、

またはどれだけのものを今後入れていくことが出来るキャパシティーがあるのか。

 

それを知ってもらうために全学年に「自己分析」をしてもらいました。

 

・あなたが一番努力したことは何ですか?

・あなたが一番嬉しかったことは何ですか?

・あなたが一番悔しかったことは何ですか?

 

100個近い質問を通して、今まで経験してきたことを振り返り、自分がどこに熱くなり、反応してきたのか、を把握してもらいました。

 

神奈川県立入試では面接を必ず行います。

 

小手先の技術、例えば部屋への入室のし方、ノックの回数など、は数回練習すれば身に付きます。

 

大事なのは上辺ではく、内面・本質。

 

実際の面接練習をする前に、その根幹となる部分を今回の合プラで考えてもらいました。

 

3はそれをもとに隣同士で面接の練習も行いました。

想像以上に言葉が出てこないことに驚き

 

終わった後、「面接練習、いっぱいしてください!」

という生徒が多くみられました。

 

勝負は続きます。

頑張りましょう!

 

また中1、中2は自己分析のあと、高校調べを行いました。

 

目標を決める事】はモチベーションに大きく関わります。
また、目標があれば、そこにむけたプロセスがより明確になります。

 

 

具体的逆算思考。

 

自分で選択することが増えていくこの時期、

能動的に、主体的に動き後悔のない高校受験にしてほしいと思います。

 

3年生の神奈川県立入試まで 残り67

 

FLAPS淵野辺校講師一同、親御様と同じ温度で

 

これからの2カ月と少し、尽力していきます。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

2015年12月1日火曜日

★ドリームプランニング~店長さんになろう~開催★


お世話になります。国語科担当の小林です。

突然ですが、
「今までに保護者様と一緒に買い物に行ったことがない・・・」

という子供は私はあまり見たことがありません。


その買い物の最中に、色とりどりの食品や商品が並ぶ店内で、こんなセリフを聞いたことってありませんか??



「あら~!今日はキャベツが安いのね!」

「あらま!にんじんが高いわ。今日はカレーやめようかしら・・・」


はて??

なぜ同じお店同じ種類の野菜を買うときに、日によって値段が違うことがあるのでしょうか。


大人は理解をしていても、なかなか子供は理解していないものです。





子供達に浮かぶクエスチョンをどうかそのまましないで欲しい。

せっかく浮かんだそのハテナを生かして欲しい。



そんな思いを込めて今回の「ドリームプランニング」企画しました。




そして全小学生を対象にしたドリームプランニングが11/2311/28に開催されました。


その名も「店長さんになってみよう!」


物の値段がどのように決まるのか、

※例えばダイヤモンドはなぜ高く、オークションというシステムがなぜ成立し、

値下げはどのような商品を対象に行われるのか。


アクティビティーを通して、社会の仕組みを学んでもらえるような企画です。


___内容を簡単に説明します____________________



①まず生徒さんには、カレー屋さんの店長さんになってもらいます。

決められた6種類の中からカレーの具材を一回ずつ選んで発注してもらいます。
大事なポイント!!
5チームある中で、ほかのチームと同じ具材を選んでしまうと、

原価が高騰して利益が減る、もしくは損をしてしまいます。

人気のある物の値段は高くなる原理ですね!
__________________________

当日には、いつもはクールな小6のR君も、どの具材にするかを本気で悩み、

ほかのチームが選んだ具材を祈るように聞いていました。

また、ほかのチームと一緒の具材を選んだときは本気で悔しがっていました!!



学んで欲しかったのは先述した、ものの値段の決まり方。


ただ、このドリームプランニングで得られたものはそれだけではないようでした。



浮かんだ疑問を自ら調べる自分力!!

リスクを承知でハイリターンに臨むチャレンジ力!!

しかし、一番身についたのは社会力かもしれません。



こんなエピソードがあります。

今回は3人で1チームを組みました。

チームで話し合い、どの具材を選ぶかを一つ決めます。

当然、意見が割れます。

出す具材によって勝敗が決まるのですからね。


Aちゃん「私はジャガイモだと思う!」

B
ちゃん「いいや、豚肉だ!」


というように


今回はBちゃんの選んだ豚肉で決まりました。


すると・・・
他の2チームも豚肉を選んでおり、儲けるどころか赤字を出す結果に・・・!?


むむむ・・・

豚肉がいいと言っていたBちゃんは涙目になり頭を抱えてしまいました。


うなだれるBちゃんに、


このあとチームがかけた言葉を私は一生忘れないでしょう。


「あなたのせいじゃないよ。みんなの責任だよ。一番ショックだったのはBちゃんだもんね」

「次頑張ろうよ!」





大人でも、誰かのせいにしたくなることは多々あります。

子供であればなおさらです。


事実ほかのチームでは、

Aちゃん達が、責任を感じ涙目になったBちゃんに声をかけるあの瞬間までは

「だから言ったじゃん!」

「お前のせいだ!」

という声もとんでいました




明らかに、Bちゃんチームのその素晴らしいやり取りを見てからの教室の雰囲気は、


大きく変わりました。


ジャンケンがなくなり、話し合いで決めるようになり、お互いの意見に耳を傾け始めました。



夢を叶えること。

その為に、夢を叶えるには具体的にどうすればいいのか?

その前に、夢を持つ為にはどのような行動が必要なのか?


夢の具体化です


これを目指し始まった ドリームプランニング。


毎回、子供達の作るドラマは


これからの未来を着実に担うに相応しい


大人びた姿を見せてくれますね。







次回ブログは同日11/28に開催された 「合格プランニング」 についてお伝えしたいと思います!