2015年6月20日土曜日

空気ってどんな形をしているの!?

みなさんこんにちは。


学習塾フラップス淵野辺校英語科講師

中村諒です。







傘も花開く季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。




雨にも負けず、風にも負けず




と行きたいところですが、実際ここまでジトジトして雨ばかりだと少し困りますね。









今回、そんなどんよりとした空気を吹き飛ばすために






先週の6月13日(土)、フラップス淵野辺校で小学生を対象とした無料イベントを行いました!!







題して、



「空気砲バズーカ大会!!!!!」




です。





どんなことをしたかと言いますと、






あの国民的アニメに登場する【空気砲】というアイテムを実際につくり、



ジメジメを吹き飛ばすとともに、



普段、みなさんの周りにある空気が一体どのような形をしているか



知ることのできるサイエンスティックな実験イベントを行いました!!!










まずは、このような段ボールで出来たバズーカを用意し線香の煙をためます。








段ボールの横をたたくと煙が出てくるので小学生の生徒さんに、




どんな形で空気が出てくるのか予想してもらいました。





ぜひ、みなさんも予想してみて下さい!




まる?


さんかく?


わたあめみないな形?


輪っか?



生徒さんからもいろいろ意見が出てきました!






実際に撃ってみると・・・・






なんと輪っかの形になるんですね!!!









輪っかが出来る理由はここでは割愛しますが(気になる方はフラップス講師陣まで)



子供たちがなぜだろう?と真剣に考えている姿が印象的でした。








その上で、生徒さんにはお菓子の筒と風船を使い、



小型の空気砲を作ってもらいました。
(作り方を知りたい方はフラップス講師陣まで!)



ここでは小学校1年生から6年生までの6人~8人で1組のチームを作り、



全員で協力して、どうしたらより強い空気砲が出来るかを考えました。



生徒A「筒の穴は星の形でもいいの?」


生徒B「風船2個付けてみようぜ!」


生徒C「でっかい穴を空けちゃおう。」



一人ひとり頭をひねって創意工夫をしていましたね。





空気砲の完成後は、実際に撃ってみます。




チーム毎に総飛距離を競い合う


「ピンポン玉飛ばし大会」です!!




空気は輪っかになる



ということを踏まえつつ、どの角度で当てたら良いのか、どれくらいの距離が良いか




これまた頭を使ってもらいました




結果、



1位のチームはトータル2m以上飛ばし優勝しました。




悔しい思いをしている生徒さんもいましたが、



学年を超えて協力し合い、どうしたら目標達成できるかを



真剣に考えている姿に我々講師陣も感心させられました。





フラップスでは定期的に、このような実験イベントを行い、


理科の知識だけではなく、子供たちの


「考える力」「協調性」も育てています。




フラップスではこの力を、


「自分力」
「社会力」


と呼んでいます。
(詳しくはフラップス「5つの根」をご覧ください)




今後も子供たちの根を育て、


立派な実をつけるために、



講師一同精進して参ります。


雨にも負けず、風にも負けず、


頑張りましょう!!!!



2015年6月11日木曜日

1学期定期テスト!!

渡辺です。

今月に入り、テスト月間になりました。



3年生にとっては

今回の期末テストは残り2回の内の1回。

今までよりも早い時期から自習に通い、頑張る生徒。
 
いよいよ入試に反映される時期に入りましたからね…。

2年生にとっては

今年度の最後の内申点から入試に関係してきます。その、最初のテスト。

ここでの意識の差が1年後に直結します…。

 

1年生にとっては

初めての期末テスト。

どうやればいいのかな…。不安で仕方ない…。


 
それぞれの学年、それぞれのテストにとって、それぞれ大切であるのは間違いありません。


FLAPSでは、テスト、内申点もしっかりサポートしています。



1に関しては、
【定期テストオリエンテーリング】と題して、「定期テストというもの」に関しての勉強会を実施しました。


また、全学年共通で、目標を達成するということをテーマにしています。

実際に、全生徒に目標を決めてもらいシートに記入。
それを達成するために何をしたらいいか逆算で考えてもらいます。



そして、

★テスト前の土日に教室を完全解放してサタスタ(自習室の解放)を実施。

5教科の徹底演習

学校提出物の完成サポート(副教科ももちろん)

をもってテストに挑みます。
(※提出物は内申点に直結します。)







理社に関しては、
★各学年学校毎に時間を分けて、点数upを目指しています。

具体的には
プリント演習と、重要ポイントの解説を行います。


 

先日の土日に関しても、10時から夜の10時まで12時間!!

ずっと塾にきて勉強している生徒もいました。

※なんと弁当持参です!!


 
ぜひ結果で魅せてほしいですね!!

実は毎回テスト前は先生達も緊張します。

ぜひ笑顔でテストを持ってきてくれるよう先生たちも全力でサポートしていきたいと思います!

また結果はご報告いたします!! 


では、また。





2015年6月1日月曜日

トマトはお好きですか?

こんにちは。


FLAPS淵野辺校英語科講師


中村諒(なかむらりょう)です。






本日より6月となりますが、中学生の生徒さんはいよいよアレが近付いて来ていますね。




そうです、期末テストです。





皆さん、勉強は進んでいますか?






 
「バッチリです!!」という方は、是非そのまま頑張りましょう。

 
困った時はFLAPS講師陣を頼ってくださいね。








一方で、

「うーん、勉強しないといけないけど・・・イマイチ集中できなくて・・・」

というあなた!



あなたにお勧めします!




本日は小・中学生問わず、なかなか勉強に集中できない方

お勧めのテクニックのご紹介をします。




誰でも気軽に出来るので、是非試してみて下さいね。







その名を、




「ポモドーロ・テクニック」





と言います。



やり方は簡単です。



    25分間集中して5分休憩する。
(この30分をポモドーロと言います。)


    4ポモドーロ終えたら長めの休憩(1530)を取る。



タイマーなどで時間を計りましょう。



これを繰り返すだけです。




人間の集中力の持続時間は大人でも90分程度だと言われています。



あらかじめ短い時間に区切ってその時間だけ集中しようという作戦ですね。





取り組む前に、「今日は3ポモドーロやってみよう!!」というように




目標を決めるとやりやすいと思います。





私も幼いころは集中力が欠如しており苦労しましたが、

高校生の頃、短い時間に区切って勉強してみたところ
(当時はポモドーロ・テクニックの事は知りませんでしたが・・・)



集中力が持続し内容がスムーズに頭に入ってくることを実感しました。







「ちょっとやってみようかな。」 と思ったあなた。



始める前に、これだけは気を付けてください。




絶対に破ってはいけないルールが二つあります。


それは、




・ポモドーロ中は一切他のことをしない!!


・ 時間の区切り (集中25分→休憩5) は完璧に守る!!!






この二つをきちんと守りましょう。

それが出来れば、勉強の習慣もすぐに身につくでしょう。




※小学生の生徒さんで、25分でも長く感じてしまう場合は

15分集中・5分休憩を1ポモドーロでも構いません。



大切な事は短い時間でも集中することです。





もしも

 
・ 「家だとどうしてもゲームの誘惑に勝てない・・・」

 
・ 「どの問題をやれば良いか分からない・・・」

 
などがありましたら、FLAPS講師陣までご相談ください!!

最適な問題をご用意致します。







※ちなみに、ポモドーロとはイタリア語でトマトを指します。


「トマト 画像 素材」の画像検索結果




トマトの形をしたキッチンタイマーを使い時間を計っていた事が、


 
このテクニックの由来のようです。



生徒さんのトマト嫌いも治るかもしれませんね。



ぜひお試しください!!!