2015年5月21日木曜日

「言葉」の魅力を考えましょう

こんにちは。
学習塾FLAPS淵野辺校の小林知也です。




突然ですが、

本を読んだり映画を観たあと「つまらなかった」と思うことはありますか?





私はありません。





なぜだと思いますか?




まず、私たちの生活には「言葉」であふれかえっています。

目で見たものを瞬時に脳が「それ」と認識するには、言葉が必要不可欠です。


例えば、「手」を見てそれが「手」だとわかるには「手」という言葉を知っていなければなりません。


つまり私たちは毎日、無意識の中で何百、何千の言葉を引き出しているといえるでしょう。


だからこそ、言葉には「とんでもない力」があると言われています。

うまく使えば、道ばたで立ち尽くし歩く気力をなくしている人に、再び歩く力を与えられるかもしれません。

そして、人生を豊かにするものも、やはり言葉を理解する力「言葉力」です。




次の文を読んでみてください。

____________________________________________________________

A君とB君は教室にいる。二人は仲良しだ。

だけど今日は様子が違う。


「Bの内緒話をすぐ人にばらすところがイヤなんだよ!」
「おれだって、Aのすぐ話をおおげさにするのがイヤだ!」

「絶交だ!」
「うん、そうだね!」

窓をうつ音がうるさい。空はさっきまでの天気とちがって、大粒の雨がふっていた。
雷がまぶしい。

Aは教室を走ってとび出した

ほほに何か、温かいものが流れたがきっとそれは「あったかい雨だろう」と正体をごまかした。
家に着いた時、シャツはビショビショにぬれていた。

A
は鏡で自分の姿をみた時、きっとそれは雨のせいだけではないなと思った。
気付くとAは電話をにぎりしめていた。














____________________________________________________________


どうでしょうか?

注目していただきたいのは、


窓をうつ音がうるさい。空はさっきまでの天気とちがって、大粒の雨がふっていた。
雷がまぶしい。


ここです、この部分です。
なぜ、いきなり天気の話題になったのでしょう?



・・・・・・はい。

その通りです。

天気が悪くなるという描写を通して、ABの関係が悪くなっていく様子を表しているのです。


もしくは、大胆な発想をすると、実際に雨は降っていないかもしれません

Aの心の状態が外の雨の「まぼろし」をうみだした

あるいは涙を流した自分をごまかすためだけにうみだされたかもしれません。
となると、シャツをぬらしているのは涙だけと、いうことになります。


この数行でここまで楽しむことができます。



映画のワンシーンや小説の一節、マンガの一コマなど、いたるところにこのような描写があります。


4/21に私が書いたブログ
にもある通り、

同じものを見ても人によって気付きや満足度が違います。


同じ小説を読んで「つまらなかった」という人と「人生の教訓を得た」という人に分かれるということです。


この登場人物は今どんなことを考えているのだろう、

この描写は何を表しているのだろう。

そんなことを意識すると、ものの見方が変わってきます。


どんなに内容の薄い映画でも「つまらなかった」と思うことは無くなるでしょう。

これはそのまま、人の気持ちを察する力に役立っていきます。


言葉を好きになってください。

ぜひ、愛してあげてください。

言葉があることに感謝してください。



言葉力、育てていきましょう!







2015年5月11日月曜日

中3 始動 !!

いつもお世話になります。

淵野辺校の渡辺です。


FLAPS淵野辺校では、5/9,5/10の2日間を利用して新中3生対象に第一回神奈川県対策模試を行いました。


今年度は、伸学工房さんの神奈川全県模試を通年で受験して参ります!







中3生にとっては初めての神奈川県の入試形式での模試となります。


部活動に励む中3生も多く、時間がギリギリにならないと来られなかったり、タイトなスケジュールで急いで来たからこそドロドロのままだったりする生徒さんもいらっしゃいました。


ですので、塾内での受験をすることで全生徒受験できるように調整して実施しております。
受験に向けて、中3生の通塾生徒には全員受験していただきます。


この場をお借りして、日頃応援していただいている保護者の皆様、本当にありがとうございます!


部活も全力!勉強も全力!!


それを更に全力で応援するのが私たちFLAPS。
サポートさせていただきます!





ただ、中にはこの時期に

「模試を受けるのはまだ早いのでないか?」

と思う生徒さんもいるかもしれません。



いえいえ、、、

近年の神奈川県の入試の傾向を考えると、


特に理系科目の難化の傾向が見られます。


ですので、神奈川県の入試形式の問題に触れることが大切です。

そして、試験というものに早期から慣れていくことが非常に鍵になってくるのです。


早めの対策をし、早めに弱点を克服していくことで、入試に必要な応用力というのは身についてい


きます。


しっかりと、入試に必要な力を身につけて、行ける高校でなく自分の行きたい高校に合格できるように一緒にがんばりましょう!!

では、失礼いたします。



========================================

ちなみにですが、現在通塾していない生徒さんに関しても模試をFLAPSで受験することができます。


ご興味ある方は、お気軽にご連絡していただければと思います。


FLAPS淵野辺校
TEL: 042 - 704 - 8565


========================================


2015年5月10日日曜日

保護者の方の声〜2015年春期講習編〜

こんにちは。FLAPS本部です。

FLAPSでは毎回季節講習が終了する毎に、
塾内アンケートを実施しております。

アンケート調査にご回答頂いた皆様には、ご多忙にも関わらずご協力頂き、
誠にありがとうございました。


今回も多くの保護者様、お子様から、春期講習を受けた感想やご意見、
また、通常授業へのご意見もいただきました。


このブログでは、今季の春期講習後に保護者様から頂いたご意見を
少しごご紹介させていただきます!



-------------------------------------------------------------------------








保護者様より、こんな声をいただきました



・理解できたので、しっかり復習できたと思います。
・復習したことにより新学年の準備がしっかりできた。
・復習をすることで学校の授業に遅れないですみました。

・新学期でのテスト結果に多少影響が出て、自信がついたようです。
・学校でやる計算が早く出来る様になり、喜んでいました。

———

季節講習を通して、苦手な分野の復習や、
以前学習したけれどすっかり忘れてしまっている単元の確認などが
出来た、新学期に活かされた!という声を多く頂きました。


出来なかった事が解るようになる」
    ↓
自分でも頑張れば出来る!」という自信に繋がる
    ↓
「もっと頑張ってみよう!挑戦してみよう!」という
 行動に繋がる




・・・そして、フラップスでは
そういった小さな成功体験を積み重ねていけるよう指導し、
「自信に繋がる声掛け」をしていく事で、
単に「成績を伸ばす」だけでなく「自ら学ぶ力を身につける」事ができるよう
取り組んでいきたいと思います!






また、この他のご意見として、


・普段受けていない科目も、短期の講習だが選ぶ事ができ、
 必要な内容がセットになっているのもよかった。


といった声や、


・(中3以外にも)理科と社会の講座を開講してほしい。
・短期間でも身に付く講習があると助かる。
・もう少し日程を増やして課題を与えてほしい。
・サタスタ(自習)への声掛けをもっと行ってほしい。

といったご意見もいただきました。


この他にもたくさん、ご意見をいただき
本当にありがとうございました。

皆様から頂いたご回答・ご意見を真摯に受け止め
より充実した学習サポートを行っていけるように精進してまいります。







また、もう既に次回の「夏期講習を受けたい」といった声や、

「前回参加した夏合宿がすごく良かったんだけど、
 今年はいつですか?」というご質問なども頂いています。


内容・日程については、現在調整中ですが
決定次第お知らせ致しますので、今しばらくお待ちください。



※現在フラップスに通っていない
 小・中・高校生からのお問合せも受付中です。
 案内が出来次第、発送しご連絡させていただいておりますので
 ご興味がありましたら、お気軽にお問合せください。




2015年5月1日金曜日

ケアレスミスをなくすには!?

こんにちは。



フラップス淵野辺校 英語科講師




中村諒です。






新年度が始まって約1カ月が経過しましたが、新しいクラスには慣れましたか?






さて、本日はおそらく小学生の生徒、中学生の生徒に関わらず必ず一度は悔しい思いをしたことがあるであろう、




ケアレスミス






についてお話をしようと思います。




ケアレスミスのケアレスとは英語の



careless : 不注意な、軽率な



という言葉から来ています。





例えば、



「算数で答えの単位を付け忘れた。」
「英文の最後にピリオドを打っていなかった。」
「国語の漢字でハネを忘れていた。」



といった簡単なミスの事ですね。



ケアレスミスが無ければもっといい点数を取れていたのに・・・




皆さんも経験がありますよね。






原因は一体何でしょうか。




代表的なものとしては




・計算間違い
・問題文の読み間違い
・写し間違い

 


などが挙げられますが、他にも人それぞれ様々な原因があるので



全てを挙げることはなかなか難しいです。




ではどのようにケアレスミスを無くしたら良いのでしょうか。



答えは一つです。



自分のミスのパターンを知り、徹底的に意識をする。




これに尽きます。



実際のところケアレスミスは簡単なミスという印象の為か、軽く見られがちです。



それゆえ、漠然と「次、気を付けよう」と感じている人が多いのではないかと思います。




ミスのパターン、分析していますか?




次のテストで同じ間違いをしないように、具体的に取り組むことを決めていますか?




ぜひ、過去半年分くらいのテストを見返し、


自分の間違えやすいポイントを明確にしてみて下さい。





昔のことわざに、




彼を知り己を知れば百戦殆うからず





という言葉があります。



敵を知り、己を知れば、負けることは無いという意味です。




テスト勉強で問題()の対策をすることはもちろんですが、


同時に自分の事も知るよう取り組んでみて下さい。







そうすることで、具体的にどうするかが見えてくるはずです。



ミスのパターンは分かったけれど、どうしたら良いか分からないという方は、


ぜひ、一度FLAPS講師陣に聞きに来てみて下さい。


どこを意識するべきか、お伝えさせていただきます。





一緒に頑張りましょう!!!!




ミラー|本当の自分|問題/イラスト/人物/無料素材