2015年2月16日月曜日

知っておきたい!高校入試動向☆

こんにちは、学習塾フラップス 本部の櫛田です。


2月16日・・・
ついにこの日がやってきてしまいました。
そう、今日は神奈川県立入試でした。

2月15日の受験日めくりカレンダー


フラップスの講師たちは皆、朝からそわそわ・・・

この日の為に、地道に努力を重ね、
やるべき事はやりきったと送りだした側ではありますが、

やはり試験の時間には生徒さん達の顔が浮かび、
落ち着かない様子の講師たちでした。
きっと全力を出し切ってくれた事と信じています…!



************************************************************************



さて、先日淵野辺校のブログでも紹介されていましたが、
2月28日(土)にフラップス淵野辺校と新百合ヶ丘校にて
「新中学1年生向け 保護者会」が開催されます。


この保護者会では、
この春中学へ進学する生徒さんの保護者の方を集めて

フラップス中学コースのご案内と、

入試制度の仕組み
内申点の仕組み
入試制度の動向について

また、フラップス最新の高校入試合格状況について
現場講師よりお話をさせていただきます。





『受験はお兄ちゃんやお姉ちゃんの時に、経験したから
 高校入試についてはなんとなくわかっている』・・・といった方もいらっしゃるかと思いますが、
県立入試制度は2年前に改訂しているので注意が必要です。
(都立入試は来年度より制度が変わります)


中学3年生の受験本番の時期に、
「内申点があと1点足りない・・・!」
「もっと早く対策をしておけばよかったのに…!!」とならない為にも
ぜひ中1のスタートから備えていただければと思います!


また今回は、フラップス塾生の方だけでなく、
フラップスに通っていない方もご参加いただけますので
興味のある方は是非お問い合わせください。


また、開催する日程(2月28日(土)10時〜12時半)では都合が悪いという方や、
鶴川校や町田鶴間校のご近所の方は、
個別での説明会も開催しておりますので、
お気軽にご相談ください!









2015年2月12日木曜日

新中1向け保護者会

お世話になっております。


渡辺です。


神奈川県立入試まで、残り5となりました。


生徒達も最後の追い込みに精を出して頑張っています。


今年に関しては、相模原地区は、競争率も非常に高いという傾向にはならず、

生徒達も自分の行きたいと決めた高校を勝ち取ってくれると信じています。


この時期になって私たちが出来ることは、生徒達が本番、しっかり自分の力を

発揮出来るようにモチベーションと気持ちの管理をしていくことだと思っています。




さて、淵野辺校では、11日(月・祝)に、今年度初めての新中1向けの保護者会

実施させていたました。



参加していただいた保護者の方々につきましては、お休みの朝からお越しいただき

ありがとうございました。

内容としては、


①中1最初の時期がいかに重要か

②入試制度について

③内申点のしくみについて

FLAPSとして生徒達にどのようにアプローチをしていくか


大きく分けるとこのような話をさせていただきました。

やはり、上にご兄弟がいないご家庭は特に、初めての高校受験ということもあり、熱心に

メモを取りながら話を聞いて下さり、質問もたくさんして下さったことを鑑みると、

開催させていただき非常に良かったと感じております。

各ご家庭をしっかりサポートしていこうと、改めて強く身が引き締まる思いになりました。


今回行われた新中学1年生向け保護者会は、2月28日(土)10:00~

再度実施致します。


先日予定が合わなかった保護者様も、また、フラップスに通われていない新中学1年生の

保護者様にも、ぜひ聞いていただきたい内容となっておりますので、お気軽にお問わせください。


【お問い合わせ先】

■フラップス淵野辺校:042-704-8565

■フラップス本部フリーアクセス:0800-800-8541


中学に入り、1年生の内から入試を見据えて生活をするのとしないのとでは、本当に大きな差が

生まれます。


その差をいかになくし、

出来るだけ早くスイッチを入れさせ、

部活との両立をしっかりとしていき、

生徒達が持っている夢や目標、なりたい自分像に近づかせてあげることが私たちの役目だと

感じています。

今年の入試が終われば、いよいよ来年度の入試が始まります。

しっかり向き合っていきます。

今後ともよろしくお願い致します。




2015年2月6日金曜日

フラップス受付(事務スタッフ)のお仕事

こんにちは

フラップス本部の長谷川です。


先月末、東京にも雪が積もりましたね。
久々の雪にわくわくしました!


子供達からは


「今日、雪合戦したんだよ~」


「朝、雪がたくさん積もってびっくりしたよ~」


などと、寒さを感じさせない元気な声がたくさん届きました。




最近はほとんど各校舎へ訪れる事は少なくなりましたが、私もフラップスが開校してから

受付を担当させて頂いておりました。

(今でもたまに受付に座らせて頂いています・・・)






【受付(事務)と聞いてどんなお仕事を想像されましたか?】



A.地味~
A.ニコニコしているだけ~


などと、少し暗いイメージを持っている方も多いと思います。




けれど、自慢ではないですが、事務がいないと困る事も多いのです!



そこで今回は、フラップスの受付(事務スタッフ)について皆さんにご紹介したいと思います。



フラップスの受付(事務スタッフ)は、校舎の清掃から1日が始まります。


そして、講師の方々と共に今日の1日の流れを確認します。
いわゆる、申し送りです。


「○○ちゃんが風邪でお休みです」

「今日の配布物は○○です」


と言った会話を日々繰り返します。



そして、説明会へいらっしゃる方、体験授業(4回無料体験実施中!!)へいらっしゃるお子様、初通塾を迎えられるお子様を笑顔でお出迎えします。



授業中は、お休みのお子様への電話かけ、がんばる帳の確認、現金の管理、問合せ対応など校舎の細かい業務(庶務と言います)を行っています。



今、各校舎に専属でお仕事されている“受付のおねえさん(事務スタッフ)”は5います。

お子様達からニックネームで呼んでもらい、いつも周りにはたくさんのお子様達に囲まれています。


お子様より、


「将来、おねえさんみたいなお仕事に就きたい!」
「かっこいい」

など、嬉しい声を頂く事もたまにですがあります。

そんな嬉しい声を受けて、事務スタッフは皆、少し誇らしく、「より一層頑張ろう」と思わせて頂いています。



保護者様からのがんばる帳のコメントにも事務側よりコメントの返事をさせて頂く事もあります。


ぜひ、今後も講師・事務との連絡帳と思い、些細な事でもコメントを頂ければ幸いです。


また、きょうだい割引、無料体験、ライバル紹介も実施中ですので、ご不明点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。



フラップスで一緒に“夢”を見つけ

“夢”に向かって羽ばたくお子様を事務スタッフも全力で応援します!!


夢を一緒に叶えましょう!!







2015年2月4日水曜日

残りわずか!!!!

こんにちは。


FLAPS淵野辺校講師の中村です。





「光陰矢のごとし」という言葉がありますが、



本当に時の流れは早いもので、




2015年がスタートしてからあっという間に1ヶ月が過ぎました。






さて、2月が始まりましたが中学3年生の生徒さんにとっては勝負の月でもありますね。






そうです、神奈川県公立高校入試が迫っています。




受験生の皆さん、準備の程はいかかですか。



「もうバッチリ!」、「不安だ…」、「ヤバい…」


色々な方が居らっしゃると思います。






本日は、FLAPS英語科講師として、そんな皆さんにメッセージをお伝えします。








私自身、日々英語に対して向き合っているわけなのですが、
つくづく英語は面白いなと感じる部分があります。


何かというと、英語は、





1つの単語にまったく異なる様々な意味がある





ということです。




例えば、日本語で「かっこいい」という言葉があります。



ちなみに英語では、「かっこいい」をあらわす単語は「 cool 」です。




この「 cool 」という言葉、「かっこいい」以外に



・冷たい
・冷静な



という意味があります。全然違いますね。



では、日本語の「かっこいい」の意味は?




・・・・





「かっこいい」以外ないですよね。




このように、英語の場合は一つの単語でも、まったく異なる意味をいくつも持っています。




そして、なぜそれらが同じ単語になっているのかを想像することが、英語の非常に面白いところだと思います。




今回、私が皆さんに考えて頂きたい単語は



「hard」




です。



さあ、それぞれどんな意味があるでしょうか?


少し考えてみて下さい。




①It's a hard problem.


②I had a hard time.











いかがでしょうか。

正解は、




①それは難しい問題だ。

②私は辛い時間を過ごした。






このように「hard」は難しい、辛い、という意味があります。







では、次の文章はどうなるでしょうか。



③I studied very hard.

④I practiced soccer hard.





いかがですか。



③私はとても難しい勉強をした?

④私は辛いサッカーの練習をした?



No, no. 違うんです。


この場合はまた別の意味になります。



正解は、



③私はとても一生懸命勉強した。

④私は一生懸命サッカーの練習をした。






そうです。


今回は、



「hard」=一生懸命  





です。


全然意味が違いますね。









これはあくまで私の見解ですが、




皆さん、難しい、辛い、と聞くとおそらくマイナスのイメージを持たれると思います。




ですが、一方で難しい事、辛い事ほど、本当にそれらを乗り越えようとした時




一生懸命になれるのだと思います。







先人たちはおそらく、




難しい、辛い事ほど一生懸命やりなさい、そうすれば必ず乗り越えられる




と言うメッセージを込めて「hard」にこれらの意味を付けたのでしょう。







受験生の皆さん、まだまだ出来ることはあるはずです。






hard な入試を hard に乗り越えましょう。






※ちなみに1/31(土)、2/1(日)の二日間で中学3年生の入試対策直前講座を行いました。


2日間で計20時間ひたすら問題を解いていました。


文字通り hard な2日間でしたが hard に取り組んでくれていました。
























ラストスパート頑張りましょう!!!!