2014年1月25日土曜日

言葉より態度


こんにちは。

FLAPS鶴川校・室長の大槻です。




1月も下旬に入り、平成26年度高校入試が
いよいよ近づいて参りました。


FLAPSでは、【志望校、全員合格!】を合い言葉に
子どもたちと講師が日々戦っています。





そんな中、授業やわかるまで指導と同じくらい
講師陣が中学3年生と向き合い、猛特訓している事があります。



それは【面接とディベート(東京都推薦入試で必要です)】の練習です。





話す内容の添削・指導は勿論、

講師陣が子どもたちの態度や表情、話し方についても、
何度も何度も面接官役の講師を変えながら、
誰に対しても同じように出来るまで熱心に練習しています。



なぜなら、人の印象は、その90%が、
その人の【見た目(態度・表情・話し方、服装など)】で決まる
と言われているからです。





例えば、「ありがとう」の一言を伝えるにしても、
携帯をいじりながら、相手の目も見ず、投げ捨てるように言われた時と、

逆に手を止め、相手の目をまっすぐに見て、
心を込めて言われた時とでは、相手の感じ方は全く違いますよね。
                     
                    
以前ドリプラで、子どもたちは目も見ずに話を聞かれる体験と、
一生懸命に聞いてもらえる体験をするワークを行いました。
写真は、ケータイをいじりながら、目を見ずに話を聞かれる体験中。



私も子どもたちと接する中で、
『自分が何を伝えたか』よりも『相手にどう伝わったか』が
大事なんだなぁと日々実感しています。



 

勿論、最終的に人の心を動かすためには論理も必要なので、
私たち講師は【 面接時の話の内容】も磨きます。



ですが、面接官も人間です。


最終的に「入学してくれたら嬉しいな」と、10分足らずの短時間で判断する要素は、
やはり【態度】から受け取る情報が圧倒的に大きいのではないかと思います。





これは、面接に限った話ではありません。


私自身がよく反省するのですが、家族や友達など、身近な存在であるほど
顔も見ず無愛想な返事をしてしまったり、
携帯をいじりながら話を聞いていたり・・・。






反省です。m(_ _)m



人間関係がより豊かになるかどうかも
実は自分自身の【態度や在り方】によって大きく変わるのだと思います。








私たちFLAPS講師は、子どもたちに
受験を通して、自分自身の【態度や在り方】、頑張り方と向き合い、
実体験を伴った成功体験を積んで欲しいと願っています。



そして将来、
沢山の人に応援され、自己実現できる人材になって欲しいと願っています。


そのためにも、今日も【全員合格!】を合い言葉に
子どもたちと志望校合格に向け、共に戦います!






 ラストスパート、がんばろう!!

2014年1月22日水曜日

電気クラゲと遊ぼう!が終了しました!

こんにちは、
フラップス淵野辺校の佐藤です。



静電気の実験
~電気クラゲと遊ぼう~


が、1月18日(土)に大好評の末、終了致しました!





当日は想定していた人数を優に超える、35名の生徒が参加しました。




FLAPSの生徒やそのお友達があつまり、みんなでこすってこすって・・・・





こすってこすって・・・・・・





・・・あれ、浮かないな。なんでだ?もっとこするのかな?
別のものでこするのかな?



クラゲを小さくしてみようかな?

風船を大きくしてみようかな?




やった、浮いたー!!!!











と、大盛り上がり!!








なんで浮くんだろう?なんで浮かないだろう?と、
自らの疑問を自ら解決に導く。



できた!!という成功体験が、さらに疑問を創ります。





「もっと大きいクラゲを浮かせるには、どうしたらいいんだろう?」

「離れた友達とクラゲを行き来させるにはどうすればいいんだろう?」








「静電気が起きると、なぜ痛いんだろう?」

「流れた電気は、どこにいくんだろう?」





自ら問い、自ら解決する習慣こそ、
FLAPSが大事にする【ちから】のひとつ。



自分力です。


楽しい時間の中で、人生に必要な気づきを
少しでも体験していただければ、と思います。


※フラップスが大切にしている「5つの習慣」というものがあります。
 「自分力(じぶんりょく)」もその一つ。
 「自分で調べて自分で考える習慣」の事をいいます。
 詳しくは、フラップスのHPをご覧ください!!※
 ★学習塾フラップス 教育メソッド「習慣を育てる」★









そして!!!!


次回!!!!
大型イベント!!開催決定です!!!


2/15(土)
スタディスタンプラリー
~「やってみたい!」「しりたい!」
   「おもしろい!」「たのしい!」~
そう感じることが真の勉強への第一歩


☆意欲を引き出すためのアクティビティ×5科目

 小1~小6対象の無料大型イベント!!




詳細は改めてお伝えさせて頂きます。


みなさんの来塾を、心待ちにしています!!








2014年1月11日土曜日

なんで?どうして?を大切に。


 こんにちは、学習塾FLAPSの佐藤直紀です。


今日は1月18日に行われる次の『体験型ジッカン講座』についてお話しようと思います!


静電気の実験
~電気クラゲと遊ぼう~



静電気はみなさん知っていますよね。


セーターを着るときにバチバチ音がしたり、ドアを開けるときにバチッと痛みがあったりする、

アレです。



力の小さい、弱い電気というイメージが付きがちですが、

実は、雷も静電気のひとつです。



できるだけ簡単に、静電気が何者なのか触れてみたいと思います。



どんなものも、原子という粒が集まってできています。

原子は、プラスの粒とマイナスの粒を同じ量だけ持っています。



この原子と原子をこすり合わせたとき、マイナスの粒がはがれてもう一方にくっつきます。


マイナスの粒が少なくなった原子は、マイナスの粒を欲しがります。


それで、近くにある原子のマイナスの粒を奪い取ります。




この、マイナスの粒の移動が電気です。


マイナスの粒が欲しくてたまらない原子は、マイナスの粒が余っている原子と引き合います。


逆に、


マイナスの粒が余っている原子同士は、もうマイナスを奪いたくないので反発します。



この電気を使って電気クラゲをふわふわと空中散歩させるのが今回の実験です。















さて、先ほど、雷も静電気のひとつだとお伝えしました。



雲の中で水や氷の粒がこすれ合い、マイナスの粒が移動して静電気がたまります。

雲の中でマイナスの粒をやり取りする原子が見つからないとき、

マイナスの粒は近くの高い建物に飛んでいきます。これが雷です。



では、どうしてマイナスの粒のやりとりが体を通ると、痛いのでしょうか?

なんで”静”電気なんだろう?”動”電気もあるのかな?


なんで?


どうして???


知的好奇心に大人も子供も関係ありません。















なんで?どうして?を持つ習慣。

自ら行動して。体験して。自分で理解する習慣。


これは、すべての学問、ひいては人生に通じるところだと思います。



フラップスでは、習慣を育て、学力を伸ばしていきます。


みなさんの来塾を、心待ちにしています!!













2014年1月6日月曜日

フラップス 1月の無料イベントのお知らせ

こんにちは、
学習塾フラップス 本部の櫛田です。


冬休みも残すところあとわずか、
新学期の準備は大丈夫でしょうか?!

フラップスは新年4日から、講師も生徒さんも元気にスタートしています。

8日からスタートする新学期に向け、
生活のリズムも整えるようにしていきましょう!






さて、学習塾フラップス 無料イベントのお知らせです。

2014年は、小学生に大人気の【体験型ジッカン講座】のイベントからスタートします♪


【体験型ジッカン講座】静電気の実験
~電気クラゲと遊ぼう~


静電気でフワフワあやしく動く、その名も『電気クラゲ』を作って遊ぼう!!
さらに、その電気クラゲを 思い通りに動かすには どうしたらよいかな???

さぁ、みんなで実験だ!!



日 時 : 2014年1月18日(土)10時~12時半終了
対 象 : 小学生1年生~6年生まで
場 所 : フラップス各店舗(鶴川校・町田鶴間校・淵野辺校)
料 金 : 無料
持ち物 : 筆記用具


お申込み方法:
参加希望の方は、お電話かメールでご連絡ください。

(電話)0800-800-8541
(メール)info@flaps-dream.com




毎回、大勢の生徒さんやそのお友達、ご兄妹、
さらに、ご近所の小学生にも参加いただいている、
フラップスで大人気の、無料講座です。



既に各教室でお申込みをいただいておりますが、
定員までまだ余裕がありますので、

参加ご希望の方はお早目にご連絡くださいね★









2014年1月4日土曜日

戦う、受験生の背中

明けましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い致します。

FLAPS 町田鶴間校、及び淵野辺校・室長の池尻です。




年末年始、皆さま如何お過ごしでしょうか?
私は、気温が低いことはお構いなしに外で遊びたがる息子(2歳)と、
実家の近所で公園三昧…というお正月でした。






さて、年が明け、
いよいよ受験本番まで残り僅かとなりました。




受験生である中学3年生たちは、
心やすまるお正月…とはいかなかったのではないでしょうか?

それはきっと受験生を持つ親御様も同じであると思っています。
私どもも全力でサポートして参りますので、
残りの日々を共に頑張りましょう!



ちなみに私は、
この季節になると毎年思うことがあります。

『リーダーシップとは、背中で見せること』
『子どもは親の背中を見て育つもの』


そこにもう少し加えるならば、

『百聞は一見に如かず』
もしくは、『論より証拠』



多弁に語ることよりも、
情熱を持って取り組んでいる背中を見せること。

その熱量を傍で体感させることの大切さ。
実際見せることの大切さ。


毎年この時期になると、それらを痛感するということです。







私は、何かに対し一言で“頑張る”と言っても、
そこには“度合いの違い”が存在すると考えています。

それを言葉だけで説明することは難しい…。
正直そう思ってしまうことも多々あります。



「受験生っていうのはね、、、。」

「頑張るってのはね、、、。」


当然ですが、講師も全力で伝えます。



しかし、それとは比較にならないくらい効果があることが存在します。
それは、中学3年生たちが実際に見せてくれている背中です。

この時期になると彼らが見せてくれるその背中に、
私は毎年、心が震える想いを感じさせられるのです。




まさに、甲子園での熱闘を見たあの感覚です。

箱根駅伝での激走を見たあの感覚と同じです。




受験生たちは不安や誘惑と懸命に闘いながら、
自らを鼓舞し、
未来に向かって闘志を燃やし続けます。




そして事実として、受験は彼らを成長させます。



・ゴールから逆算する習慣(計画力)を身に付けること
・計画倒れにならない実行力を身に付けること
・自分自身の“頑張るライン”を上げること
・誘惑に屈しない、自己管理能力を高めること
・目標達成による自己肯定感を強めること
・決して諦めない自分に成ること



一心不乱。
一点集中。




“頑張る”とは、こういうことだ!
“一生懸命”とは、こういうことだ!!


FLAPSの中学3年生たちが、
未来の受験生たちに向けて、
そんな背中を見せてくれています。









講師はそこに一言添えるだけです。
「見てごらん。中学3年生の先輩たちを。」



未来の受験生たちも、
きっとそこから何かを感じてくれていることでしょう。


そしてそれは後輩たちだけでなく、
私たち講師・スタッフも同じです。






中学3年、受験生諸君。
戦う背中を見せてくれて、ありがとう。
あともう少し、頑張ろう。



よーし、
私たちも頑張るぞ!!





最後になりましたが、
新しい年が素晴らしい一年になりますよう、
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます





~追伸~
FLAPSは全店舗14日より自習室を解放しております。
講師も待機しておりますので、是非ご活用ください。




2014年1月1日水曜日

約束

こんにちは。本部の藤林です。







皆さんは、今年の「目標」を決めましたか?




個人的な話ですが、私は年末に必ず「来年の目標」を手帳に書いて
一年のテーマを決めています。





以前、フラップス通信(毎月塾内で配布しているお便り)ではお伝えしたことが
ありますが




約束とは、2つあるものだと思っています。



「人との約束」と「自分との約束」です。





「人との約束」は大切です。人との約束は「信頼」を深めます。


その一方で、「自分との約束」も大切です。自分との約束は「自信」を深めていきます。


「自信」は「自分との約束」を守った数に比例していくものです。












フラップスでもこの「自分が決めた目標」=「約束」をとても大切に考えています。





子供たちが目標を達成したり、約束を継続的に果たした時などは


思いっきりほめてあげます。




そして、講師自身も、同じ気持ちで喜びます。





それが、お子様の「自信」と「頑張る言動力」に繋がっていきます。




是非、ご家庭でも「約束」について話をする機会を設けてはいかがでしょうか?


「今年の目標」などを家族で発表しあうのも素晴らしいですよね!!